リアップの副作用が怖いなら事前に情報収集しよう

メンズ

血管を広げる育毛剤

ヘアケア用品

適量の使用が大事

リアップは、ミノキシジルが配合されていることから話題となっている育毛剤です。ミノキシジルは、クリニックでの薄毛治療にも使われているほど高い育毛効果が期待できる成分で、血管を押し広げる作用があります。薄毛の原因は、頭皮の血管の収縮にあるので、そのためリアップは、その改善に効果的とされているのです。リアップを使用すると、頭皮の血管が広がることで、毛母細胞に多くの血液が届くようになります。そして血液に含まれているアミノ酸やたんぱく質によって、毛母細胞が活性化し、髪が抜けにくく生えやすくなるわけです。ただし過剰に使用していると、副作用が出てくることがあります。具体的にはほてりや痒みといった副作用ですが、これは血液が一気に多く流れるようになったことが原因なので、使用量を減らすことで改善できます。もちろん適切な量を使用していれば、こういった副作用の心配は基本的にはないと言えます。というのもリアップには、清涼成分も配合されているので、使用するとむしろ頭皮がひんやりとするからです。具体的には、1日に2回、1mlを頭皮全体に塗布することが適切とされています。その前に、洗髪により整髪料や皮脂を除去し、十分に乾かしておくと、効果が出やすくなります。しかし未成年と妊娠中の女性については、こういった正しい使い方をしても、副作用が強く出る可能性があります。そのため使用自体が認められていないので、注意する必要があります。